innhouse.jp

innhouse.jp

Worksイノベーションハウスの住宅

イノベーションハウスが創る注文住宅
健康的で快適な住環境を提供する

これまで、さまざまな住環境悪化などの相談を受けてきました。
主に古い戸建て住宅ですが、マンションなどの集合住宅でもありました。
多いのは雨漏りや結露に起因する壁面・畳などのカビ発生や腐食などです。
一世代前の住宅、特に木造では外壁がモルタル仕上げの物件に多いのですが、その時代の物件では断熱施工が不十分で壁内部で結露が発生し、木材が腐食して虫害などが発生していることがあります。
近年は木造、鉄筋コンクリート造(RC造)などの工法に問わず、住宅の建築技術も向上しています。
しかしながら近年新築された物件でも増築工事の際、外壁のサイディングをはがしてみると通気施工が不十分で壁内部で結露が発生している場合がありました。
「健康的で快適な住環境を提供する」が弊社の基本方針です。
建築業界全体で耐震や断熱、省エネなどで設計・施工のビルダーだけでなく、建築主であるユーザー様も知識や意識も向上しており、弊社もそのような時代の中でささやかながら役割を果たしたいと考えております。

大切な家族をまもるエコ住宅

従来の住宅では、家の中で高出力のストーブのあるリビングだけが暖かく、トイレや洗面脱衣室は寒いという住宅が一般的でした。
北海道の住宅では特にそのような傾向があり、そのような住宅内での大きな温度差は、身体への負担(ヒートショック)となり、突発的な病気の引き金となることがあります。
断熱性能を高めた住宅は、住宅内での大きな温度差を生じさせないことによって、身体への負担を軽減することができます。
冬暖かく、住みやすい住宅には高気密・高断熱化は必須であり、換気などを含めた住宅プランの提供には高い技術力が必要です。これから戸建て住宅を新築される、またはリフォームをご予定のユーザー様はエコ住宅をおすすめします。

ヒートショックとは

ヒートショックとは、家の中での温度差がもたらす身体への悪影響のことです。身体に感じる体感温度の変化は、部屋間の移動や入浴時などに起きます。
室温の違いや床などの表面温度による急激な体感温度の変化は、血圧が大きく変動し、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを起こすことがあります。
ヒートショックは家庭内で高齢者が死亡する原因の4分の1を占めるという統計もあります。病死と判断されている方も多く、実際の数はもっと多いと考えられています。

<< 前のページに戻る